グローバル・コモンズ・スチュワードシップ(GCS)指標 2024年版 (第4版) の発表

グローバル・コモンズ・スチュワードシップ(GCS)指標 2024年版 (第4版) : グローバル/各国環境政策のための共同マイルストーン

東京大学 グローバル・コモンズ・センター(CGC)、 国連・持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)、 およびイェール大学環境法・政策センターは、 協働イニチアチブの成果として「グローバル・コモンズ・スチュワードシップ(GCS)指標」の2024年版 (第4版) を発表しました。 この報告書では、 グローバル・コモンズ(人類の繁栄と安全の土台である、 安定的で回復力のある地球システム)に影響を与える国内負荷と国境を越えた負荷(波及効果)に関する最新データを示しています。 産業生態学と環境科学の両分野における最先端の研究とモデリング・ツールを活用したこの報告書は、 世界中の政策立案者の指針となる可能性があるとの評価を得ています。 地球環境問題に取り組む上での協奏的な行動の重要性を強調し、 グローバル・コモンズを保護するために世界レベルと国家レベルの双方の取り組みを強化することを目指しています。

今回の改訂は、 この報告書が政策立案者に提供する協奏的な性質と実用的な洞察を簡潔に強調し、 この研究が環境の管理指針(スチュワードシップ)にどのように貢献するか、 について明確化することを目的としています。


関連リンク

レポート全文 Global Commons Stewardship Index 2024 (5.7 MB, PDF)
グローバル・コモンズ・スチュワードシップ 指標 2024年版 データサイト(外部サイト)
グローバル・コモンズ・スチュワードシップイニシアティブ
プレスリリース (SDSN発表 英語のみ 外部サイト)

 

2024年03月22日
このページの先頭へ戻る